想像の幻想論

様々な思考の束

突撃ヤマギシ会!

友人の友人の企画に乗っかってヤマギシ会に行きました。楽しかったです。

直売所。むかえの車出してくれた。

昼飯

バイオマス(発電、温水など)

牛、にくうし(ここではそう呼ぶらしい。乳牛はにゅうぎゅうなのに。)

いちご

そら豆

飼料のパン

提案所?欲しいものがあればここに書いてて提案箱に出す。私有は基本なし。こづかいは月一万定額。

洗濯場。洗いものはここに出す。ただ自分で洗う人も多い。

食堂。持ち帰り用の食事もあり、自分の部屋で食べる人もいる。アレルギー等の配慮あり。バイキング方式。無料。

懇親会を開いてくれた。ノンアルコール。

そら豆。収穫を手伝う。

ぶた

ここで村人と色々話す。

ピザ豚丼焼き鳥、奢ってくれる

おみやげそら豆

帰り

交通費抜きで3500円。0は間違ってない。普通の合宿みたいだった。

かなり高齢化が進んでいるので機械化を頑張っているらしい。家族は一緒に住むけど、泊まったりとかは多く境界は薄い。許認可されていない高校は最近無くなって、外の高校に行く人が多い。清潔。どうも世間化が進んでいるっぽいし、みんなスマホ持ってるがやはりヤマギシに特有の精神というのはあるらしい。まあ、発達障害で同性愛はかなり住みにくそう。なんやかんやでコミュニティ狭いしね。

「トップをねらえ!」

さて、トップをねらえも同性愛の作品として読めるのでは、と思ったみなさん正解です。

と言う訳です。

え?説明しろと?まあ、はい

まず、コーチはノリコの父に地球を守ることを使命として託されます。コーチはタカヤ提督(ノリコの父)の一人娘であるノリコを「タカヤ提督の一人娘」という属性からだけ見て選んでいます。なぜ「タカヤ提督の一人娘」という属性をあえて選ぶかというと、共にタカヤ提督の復讐のため邁進できると踏んだからです。また、まだ兵士として未熟さの残る(私情を挟みがちの)カズミの相棒にさせることによりカズミを成長させるためです。さらに、ここでは「タカヤ提督の一人娘」という属性は注目され、また忘却されています。忘却とは「そもそもタカヤ提督は一人娘を最前線に送るような人物だったのか」ということがあえて見過ごされている点を言います。それはコーチのノリコに対する無意識の嫉妬というべきか、あるいは、偉大な使命のためには誰かが犠牲になっても仕方ないという傲慢さ故か、分かりません。 コーチとカズミは一応結婚しますが、まるでイエスの母マリヤがイエス出産後も処女であるかのように見せるため夫のヨセフが老人として描かれることが多いように、その結婚生活は極端に短いです。コーチはカズミの両親と旧知の仲であり、カズミを小さい頃から知っていました。つまり、肉親のような関係でもあったのではないかと思われます。 ノリコとカズミの心がやっと一つになった合体シーン、二人はすぐに息を合わせてイナズマキックを放ちますが、これもなかなか意味深です。2018年の宇宙怪獣捕獲計画により、カズミの父は行方不明母は重体(その戦いにおいて二人はイナズマキックを初めて使います)。つまり、イナズマキックはもともとコーチとカズミの技だった訳です。つまり、恋人との合体技であったのが、ノリコとの合体技になることはどういう意味かというと… カズミとユングは表面上はライバルに見えますが、やはりライバルです。恋の。ユングは宇宙怪獣を見たノリコが泣いてしまった後、急に二人に近づきます。正確には、ノリコに近づきたいがためカズミに近づいて、カズミに近づきたいがためにコーチに本気であるように見せかけたのです。まあ、カズミにはユングがコーチに本気であるなど思ってはいなかったようですが。 事実、カズミはノリコと宇宙に出る際コーチとユングが地球に残ることをほぼ心配してません。そこには、カズミとユングの友情や信頼もあるのでしょうが。 ユングは実にノリコの涙に弱い女です。一回目の宇宙怪獣を見て泣いた後もそうですが、二回目のコーチにベッタリなノリコに嫉妬(どっちに?)して決闘を仕掛けた後の涙にも、ひどく同情して保健室にまで連れて行き、嫌いなはずのカズミにノリコについて話しています。 そして、最終話のユングがバスターマシンとコーチをカズミに譲るシーンは、実はノリコも譲っているのだと考えられます。

さて、問題です。ノリコはカズミとキミコ、どちらが好きでしょうか。

簡単ですね。キミコの方です。なぜなら、10年後の姿であるキミコを一目見てそうだと分かったのに、カズミの方は最初「誰?」となっていたからです。個人的にトップのテーマは「想いは時を超える」だと思うのですが、最後に「もう会えない!ごめんキミコ!」と言ったことはキミコに届いているという描写があります。ある種、カズミは想いが届かないからこそ最終決戦に志願してノリコの元に行ったのであって、想いが通じているキミコは地球にいて待っていても良かったのでしょう。

手紙のシーンですが、娘の写真を同封するというのを不思議に思った人はいませんか?おそらく、あれは自分の老いた姿を大切な人に見られたくないという思いと、作品の要求として地球の未来というのを予見させねばならなかったわけだと思います。しかし、どう考えても、構造上というか機能的にはキミコの娘はノリコにとっての娘でもあるわけで、キミコはノリコにとって地球で待つ妻であると読み取れます。地球で待つ妻と子というものが作品において要請されたとき、キミコがノリコの妻となり、キミコの娘がノリコの娘となったという訳です。ノリコは自分の父と同じ役割をしているのです。

カシハラさんは、結構あからさまなので分かった人もいたでしょう。カシハラさんはカズミと一緒に宇宙に行けるという夢をぶち壊しにされて、一生を台無しにされたようなものです。いえ、こういうのは酷いですね。カシハラさんは、「カズミ」がノリコと話しているのを見て、嫉妬するシーンが初登場シーンです。コーチではありません。つまり彼女は大好きなカズミと宇宙に行けないことが悔しくて、ノリコを虐めたのです。「あなた結構頑張ったわね!」とか言ってくれるし、根はいい子です。そして、10年後にはコーチになっていますが、黒板の落書きに「カシハラオールドミス」と書かれています。その後も彼女が結婚したという情報は出てきません。つまり、彼女はカズミを本当に一途に好きだったのでしょう。もしくは、コーチ亡き後のカズミの精神的な妻であったという可能性さえあります。その辺はもう妄想入ってますが。最終話の「行ってしまわれるのですね…」はとてもただの元同級生に言うトーンでは無かったとだけは言っておきます。

関係性だけで語るとこんな感じになるという感じでしたね。今日はここまでで勘弁してください。

「エヴァQ」評論

エヴァQは同性愛の映画です。いや、カヲルくんとシンジだけでなく。全員。

ネルフ側はゲンドウと冬月が擬似父子関係を結んでいて、カヲルくんとシンジがBLで、レイがほっとかれています。

ヴィレ側はミサトとリツコが相棒で、リツコとマヤがレズで、アスカとマリは擬似母子関係(監督が何かでアスカは母に見捨てられなかったから式波と言ってましたが、擬似的な母がいるからってお前)、そしてトウジの妹も多分リツコに憧れています。

Qはネルフというゲイ集団とヴィレというビアン集団が戦って引き分けになった映画です。

レイはホモソーシャルな集団(ネルフ)における異分子ですから迫害されていて、最後に同性であるアスカに生きる理由を与えられています。

シンジとアスカが最後に手を繋いで歩いたのは、ホモソーシャル(ホモセクシャル)で固まった世界を変えるという象徴です。

性差別とは、性別によって違う差別をすることです。それにより、同性間は共通利害を持ち意思疎通ができますが、異性間はコミュニケーションができなくなります。断絶された世界において、果たして二つの性は和解することができるのでしょうか。というのが私の見解です(狂っている…)。

追記:アスカもアニメ版で「赤ちゃんなんか欲しくないのに」って言ってたのが、Qではコネメガネと延々母子プレイしてるし、庵野は「母親になりたくない女性が別の女性に母親になってもらう」ことを解決策だと思っている節があるし、ゲンドウも「父親になりきれなかった男が別の男に父親になっれもらうことで心を安定させる」とかヤバイモラトリアムをやっていたし…そのヤバイ状態を混乱させるのがシンジという異分子なのじゃ

5/12

暇ですね。 PS1-4、ファミコンスーファミ、64、wii(予定)あります。シェアハウス遊びに来てください寂しいです。 遊びに来たい人はなんかコメントください。

どんどん一人で暮らせない人間強度の弱い人間になってゆくのが分かる。まあ元々一人で長く過ごすと鬱になる人間だけど、親元では過ごしたくないめんどくさい奴っぽいです。

猫の死体無くなってた。

病院に連絡して予約を取った。えらいえらい。

シングルマザーとか成人女性と結婚したいです。連絡ください。

各国のベーシックインカムを調べて財源をどっから捻出しているか調べてみたい。本当は法人税上げたいけど、会社はよそに逃げちゃうからね…

ブラック企業リスト

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/151106.html http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf

求職者はこれを見てから就職した方がいいですよという奴。ツイッターだと流れそうなので…

日記

なんか個人情報とかの出し方になやむ。自分はともかく同居人たちに累が及ぶのだけは避けたい。

風邪を引く。ゼミの前の席の奴が、話し合いの時間にゴホゴホやってた。見事にうつされる。全体的に体がだるいので授業を自主的に全休して休む。授業も何個か履修辞退しようと思う。後期はもっと休めるようにしよう。

この頃宴会が多い。宴会といってもリビングに同居人と集まって飯食ったり酒飲んだりタバコ吸ったりしながら駄弁るだけだ。この時間は結構好きだが、そのせいで体の免疫力が下がりまんまと風邪を引く。少し控えよう。

自炊はすっかりしなくなってしまった。遠くのスーパーへ材料と調味料買いに行って、料理してよりも近くのコンビニでお弁当買う方が何かと良い。自分で作るとどうも塩分量が多くなりすぎるのだ。朝食と、大人数集まったとき用のレパートリーがあればそれで十分。

政治家になろうかどうかと悩んでいる。とりあえず別に資格取って10年ぐらい働きながら社交して、地方議員になるぐらいが目標。女性の権利を拡張して、みんな楽になれる政治がしたい。ベーシックインカムとか。あと政治家シェアハウスも構想中。女性専用にしようと思う。女性専用シェアハウスの楽さを知ったことプラス、女性政治家を増やすという目標もある。

シェアハウス、随分ゲームが増えた。

シン・シェアハウス

やっと安住の地を見つけた哲学徒です。生きてます。猫を飼いたいねーとか言ってましたが、結局飼えなかったのでやたら猫系の家具が多いシェアハウスとなりました。やっぱり賃貸は債権(人の人に対する権利)だからダメですね。いつかボロ小屋でもいいから購入して、物権(人の物に対する権利)を手に入れてムチャクチャやりたいですね。人間は悪い。

最近やっと分かりましたが、自分は一人暮らしは無理っぽいです。というのも、以前一人暮らし+ボッチを決めていたら普通に鬱病になったという実績があります。じゃあ外で友達作ればええやん、という人もいますが、高校を卒業したら、なんらかの人間関係固定装置(サークルなど)がないと友達は作れなくなります。SNSはそういう人間関係固定機能がないので、直ぐに知り合いに戻ってしまいます。

そこで、シェアハウスです。まあ、別に人間関係固定装置だったらシェアハウスじゃなくてもいいんですが、変にテニスとか料理とかしなくても生活をしているだけで友達になれるという利点はあります。それに、誰かが言ってましたが「シェアハウスは民主主義の学校」らしいです。民主主義というと大げさですが、他者との話し合いや意見のすり合わせなど基本的な人間との関係の結び方を学ぶことができるし、自分の身の回りの世話もしなければならないので、一人暮らしや結婚生活などに移行するにしても有利です。

話が脱線しました。という訳で、誰か京都駅近くの女性専用シェアハウスに住みませんかということでした。現在空き部屋が三つあります。私の他にもう一人住んでます。家賃は、約4万円です。猫は残念ながらいませんが、楽しくやっていきましょう。(プレステ4とか一緒にやりましょう)